地域社会への取組み

地域No.1の都市型地銀を目指す私たちきらぼし銀行は、
CSR経営を実践し、持続可能な地域社会の形成に貢献することが経営の最重要課題の一つであると考え、
「首都圏における中小企業と個人のお客さまのための金融グループとして、
総合金融サービスを通じて、地域社会の発展に貢献します。」という経営理念のもと、
「地域経済への貢献」「地域社会への貢献」「環境問題への取組み」の3つを行動指針と定め、
CSR活動に積極的に取組んでいます。

スポーツを通じた協力

地域社会への貢献、サッカーを中心としたスポーツの普及・振興を目的として、Jリーグクラブ「FC東京」を運営する東京フットボールクラブ(株)と業務連携し、都内在住の小学生等をサッカーの観戦試合に招待しています。
また、地域の子どもたちの健全な育成のためのCSR施策として『夢』カップを開催。地域の女子サッカー大会や、バレーボール大会などの地域スポーツ大会に協賛しています。
こうした取組みが評価され、東京都オリンピック・パラリンピック準備局が実施している「平成29年度東京都スポーツ推進企業認定制度」において、「東京都スポーツ推進企業」に認定されました。

  • 「きらぼし銀行 Day」育成資金の贈呈 ©FC東京
  • きらぼし銀行『夢』カップ

学生・子どもたちへの教育支援

地域の生徒たちに金融に関する知識普及を促すため、小中学校の生徒の皆さん向けに金融教育を実施しております。また、職場体験制度の一環として、大学生向けのインターンシップを実施。さまざまな大学の学生の皆さんに参加していただきました。
このほか、日本サッカー協会「JFAこころのプロジェクト」への協賛を通じて、主に小学5年生を対象に、現役アスリートやそのOB、OGが「夢先生」として「夢を持つことの大切さ」を伝える「夢の教室」の運営を支援しています。

  • インターンシップの様子
  • 金融教育の様子
  • 「夢の教室」授業の模様(桧野真奈美先生/ボブスレー)

TEAM BEYONDへの協力

  • 東京都が起ち上げた障害者スポーツ(パラスポーツ)のファンサイト「TEAM BEYOND※」に登録し、パラスポーツ振興への協力を行っております。
    ※TEAM BEYONDは、パラスポーツを通じて、みんなが個性を発揮できる未来を目指すTOKYO発のチームです。

「東京における働き方改革の推進等」に関する
連携協定の締結について

  • 当社グループは、2018年10月に東京都および都内金融機関と「東京における働き方改革の推進等」に関する連携協定を締結しました。東京の持続的な成長には、企業の生産性向上や働く人々のワーク・ライフ・バランスの実現、女性・高齢者の活躍促進にも資する働き方改革が不可欠です。 本協定の締結を通じて、東京都や他の都内金融機関と連携・協力し、「働き方改革」の普及促進等の取組みをより一層強化することで、企業の更なる成長をサポートし、地域社会の発展に貢献してまいります。

  • 「東京における働き方改革の推進等」に関する連携協定の締結式

行員間のコミュニケーション強化

地域社会・地域経済の発展に貢献するために。
きらぼし銀行では行員の連携を強化するための
さまざまな取組みを行っています。

バーベキュー大会の開催

行員間のコミュニケーション強化を図り、企業活力の向上に資するためのイベントとして、バーベキュー大会を開催しています。