具体的な取組み

外部機関との連携

東京都等地方公共団体や関連団体、他の金融グループ等との連携により、お客さまの多様なニーズに対応します。

起業・創業支援

当社グループは「創業支援グループ」を設置し、創業者・起業家に対して、資金面に限らないさまざまなニーズへの対応や東京都・関連団体をはじめとする外部創業支援機関との橋渡しなどのサポートを行っています。また、創業支援を一層強化するためグランドデザインを策定し、日本政策金融公庫と連携した協調融資制度の取組みや、資金面での支援体制を整えるためフリーバンク(株)との二人組合によるベンチャーファンド(略称:ToKIめき応援1号ファンド)の組成など、支援メニューの拡充を図っています。
当社グループは、こうした取組みにより、創業者の創造・発掘・育成までをワンストップでサポートする仕組みづくりの実現を目指していきます。

海外進出・海外業務のサポート

【きらぼし銀行の海外戦略】

1. 中堅中小企業のお客さまへの、アジアの現地企業情報の提供を通じたアジア現地企業とのアライアンス、ビジネスマッチング、クロスボーダーM&A等の機会提供

2. アジアの現地企業情報を入手すべく、海外ファンドへの出資やファンドとの連携(アジア地域における情報ネットワークの強化)

3. 地域金融機関として唯一の中国・上海コンサルティング現地法人に次ぐベトナム・ホーチミンにおけるコンサルティング現地法人設立(中国プラスワンのサポート体制強化)

ダイバーシティへの取組み

きらぼし銀行では、2018年10月に「ダイバーシティ推進室」を設置するとともに、「働き方改革推進プロジェクトチーム」を発足させたほか、男性を含めた育児休業取得推進や、女性活躍推進等を目的とした「きらぼしWoman's Inclusion 情報交換会」の開催など、「『きらぼし流』働き方改革」の実現に向け、さまざまな取組みを進めています。
2018年12月には、女性の活躍推進に関する取組みが優良な企業として、厚生労働大臣より「えるぼし認定」の最上位となる「3段階目」の認定を受けました。

SF部の機能強化

前給

前給は、働いた範囲内で給料日前にお金を受取ることができる銀行業界初の給与随時支払サービスです(2005年6月にビジネスモデル特許を取得)。昨今の人手不足を背景として、従業員の確保や定着率の向上を目指す事業会社から高く評価されており、導入企業の増加とともに、ご利用件数も全国的に拡大しています。
また、「前給」ビジネスとフィンテックとの親和性は高く、フィンテック化を進めるため、2017年11月に当社のグループ会社としてきらぼしテック株式会社を設立しました。同社では、2018年にリリースした「Can・day」アプリを発展させ、「キャッシュレス」・「ペイロール」・「外国人労働者向け商品」「トランザクションレンディング」の機能を追加していく予定です。
また、今後も前給導入企業さま向けに拡張サービスを「お客さま目線」で開発していきます。
さらに、池田泉州銀行(※)に「前給」サービスのライセンスを供与し、2019年1月より本サービスの提供を開始しています。今後も、地方銀行との連携について積極的に協議を進め、広域展開を加速していきます。

※きらぼし銀行と池田泉州銀行とは、それぞれが地盤とする東京圏・大阪圏という二大都市圏の経済社会の発展・活性化に資することを目的として、2017年1月27日に「大阪圏と東京圏を“つなぐ”東阪業務連携協定」を締結しています。

株式会社きらぼしコンサルティング

グループのコンサルティング業務を集約した(株)きらぼしコンサルティングは、銀行取引とは独立したより高度で専門性の高いアドバイスにより、事業承継やM&Aに関するニーズへの対応や事業拡大のためのビジネスマッチングの実施等を通じて、お客さまに提供する付加価値を増大させていきます。

きらぼしキャピタル株式会社

2018年9月に設立した「きらぼしキャピタル株式会社」は、エクイティファイナンスやメザニンファイナンスなどさまざまな手法を用いて、成長・成熟期のお客さまの強固な財務体質の確立をサポートしています。2018年11月に事業承継ファンド「夢・かがやき1号ファンド」を組成したほか、IPOに向けた資本増強や成長支援のためのエクイティ出資に対応した「夢・はばたき1号ファンド」を2019年3月に組成しました。