ABOUT

きらぼし銀行について

きらぼし銀行は東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京の3行が2018年5月1日に合併し誕生しました。

「首都圏における中小企業と個人のお客さまのための金融グループとして、総合金融サービスを通じて、地域社会の発展に貢献します。」という経営理念を掲げ、
首都圏においてお客さまから真に愛される地域No.1の都市型地銀グループを目指しています。

銀行名の由来

きらぼし。きらめく星。東京圏でお客さまの夢を一段と明るくきらめかせたい。シャープで、それでいて親しみやすい語感をそのまま生かして、お客さまの思いを預かり、次の世代へ力強くつないでいくという願いを名前に込めました。

東京・神奈川を中心に 164店舗

地域金融機関として
都内最大の124店舗を有しています。 (2020年9月30日現在)

経営方針

独自性のある金融サービスの提供により、地元地銀として永続的に存在するきらりと光る銀行

お客さまや地域経済の発展に貢献するために、東京圏の特色を活かして挑戦し続けるチャレンジする銀行

お客さま、地域、職員の「思い」を大切にして、常に信頼され必要とされる存在になる思いをつなぐ銀行